資金であきらめてはいけない注文住宅

私が新築で家を購入する際に重要視したことは、建売住宅と注文住宅を比較した価格です。
建売住宅の場合ですと、よく似た家が同じ地域に多数あるのが特徴で、価格は安いですが、やはりオリジナリティーがないと感じました。

注文住宅ですと個性があり、オリジナリティーがありますが、価格は建売住宅よりも少し高くなります。
しかし風水を信じている私は、価格を抑えながら注文住宅を購入することにしました。

 

まず注文住宅を購入する際に非常に気になったのが、家自体にかかる費用です。
建売住宅に比べますと、正直やはり少し高いです。
しかし、私が風水を信じているのもありましたので、どうしても注文住宅にしたかったので、いかに価格を下げるかをさまざまな角度から検討してみました。

その検討した考えを、不動産屋さんに伝え、できることはしていただきました。
その内容はといいますと、注文住宅でも、その不動産屋さんでは、多数のお客様がいらっしゃいます。
そこで、私の注文住宅の家に使用する材木や、ドアの種類、窓の種類、畳の種類など、他の注文住宅でも使用している材料を、少し多めに注文していただき、それによって少し安く仕入れられた材料を流用して、私の注文住宅の家に使用し、価格を下げました。

 

注文住宅と聞くと高いので、価格の面でどうしても建売住宅を検討し、決定される方が多いと思いますが、注文住宅でも建売住宅のようにまではいきませんが、他のお客様の家に使用している材料が残っていたり、少し多めに仕入れてもらってそれを流用していただくという手もありますので、風水などをきにされていて、資金は厳しいが、どうしても注文住宅にしたいと思っていらっしゃる方は、最初からあきらめないでください。きっと良い手、アイデアがあるはずですので、不動産屋さんと十分に話し合いをしてみてくださいね。

PR|瑞穂町で建てる平屋の注文住宅