高級分譲地を手にれて待望のマイホームを

PR|新築住宅の見学会は青梅市で

皆さんも同様で同じようなケースがよくあると思いますが、東北の田舎から大学進学のために上京してきて、そのまま東京、又は首都圏に就職して生活が始まったということが私の場合も現実になりました。

 

勿論、脱田舎ということで何れは家族との生活も此のままの状態で始まったのです。 生活するためには職、食、住が必要になることは目に見えて当然なことですし、特に「住」に関しては当初は簡易な住まい(民間のアパート)から、家族ができて子供たちも成長してくると必然的に実のある生活環境が必要だし、こんなことでマイホームがどんな形であれ欲しくなるものです。

 

私の場合のマイホームは先ず、土地を購入することでした。 たまたま新宿基点の私鉄沿線で大型の土地の開発分譲が行われていたので、それを目標にしていたのですが、実は分譲の単位面積が大きく広く、かなりの高額ということで仕方なく諦めかけていたのです。

 

ところがよくよく調べてみると、地元の不動産屋が数区画の土地を購入して其の土地を分割して手頃な価格で建売形式で分譲することが判ったのです。 建売住宅といっても単なる建売ではなく、条件付き分譲地ということで、即ち、3年以内に建物を建てるという条件付きの土地の分譲だったのです。 結果的の出来るだけ安い物件を購入した形で契約してしまったのです。

 

全体の開発地の環境というのは、平均でも100坪以上という広々とした高級分譲地だったのです。 そして、我々が其処に住まいを持てるということで始めはチョットした自慢だったのですが、しかし、結果として欠点としては安い物件を買ってしまったために日当たりの余り良くない風通しもあまり良くない奥まったところに家を建てるしかなくなってしまい、此の時点で自然環境の重要性に気がつなかったことです。
しかし、全体の地域的な生活環境や自然環境というのは、緑も多く、子供たちの学校への通学や生活のためのショッピング、金融機関等は大型団地だけに全てが揃っているので、不足はいえないところでした。

 

最後に住宅のことになりますが、前述したように建築条件付きということで、土地を購入後も引き続き住宅のことを家族で相談しながら、ベストな家作りに励みました。 家は地元の不動産ですのでモデルハウスや住宅パンフレットなどがありましたので、係員の何回も何回も相談しながら、そして特に妻、つまり女性的な意見も十分取り入れて、間取りや設備、それに追加の付帯項目等を加味しながら、出来るだけ予算をオーバーしないように十分気を配りながら建築を進めました。

 

従って、完成した時点では日当たりなどが十分ない他には、家族は皆んな満足しているようですし、特に、子供たちも友だちが出来てノビノビしている笑顔には真に満足しているところです。

 

PR|英語上達の秘訣|SEOアクセスアップ相互リンク集|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|童話|初値予想|アフィリエイト相互リンク|ショッピングカート|生命保険の選び方|オーディオ|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|